薄味にする

濃い味つけのおかずと薄味の好みについて濃い味付けの方が好みであった場合には要注意となっており、味付けの濃い料理はダイエットの見方にはなりません。
濃い味付けの場合には塩分が濃いといったことにも結びつきやすくなっていますので、NGの要因となっています。

塩分を多く摂取してしまいますと、浸透圧の関係によって水分を排泄しにくくなり、体がむくむ原因になったり、味の濃い料理には塩分だけでなく糖分も多く使われている可能性が高いです。それによってカロリーも当然高くなってしまいます。

塩分のとりすぎは高血圧の原因にもあるといわれていますので、ダイエットで毛でなく健康のためにも薄味にしていくことがオススメです。
食塩のかわりにレモンや酢を使っていくことによって食塩の量を減らしていくことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top