絶食をしてはいけない理由

糖質やたんぱく質不足などの絶食に近い状態ですと筋肉から減ってしまう可能性が高いと言えます。7日間脂肪燃焼食品等の食品だけで過ごすということを何の知識もなく始めてしまうことによって筋肉が減りやすく、結果として体重が減るように見えてしまう結果となってしまいがちになってしまいます。

そして脂肪と筋肉の重さには違いがありますので、体重が減ったことと見た目への変化が感じられないということです。それが体重が減ったけれども見た目に変化が感じられないということに繋がってきます。

食事制限にたよったダイエットを繰り返していきますと、筋肉量は維持、若しくは減少していってしまいます。リバウンドしてしまうほど身体は痩せにくくなっていってしまいますので、正しい方法でダイエットをしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top